プラステンアップ 18歳

プラステンアップは18歳以上の高校生が飲んでも効果はあるのか?

バスケット

 

プラステンアップは18歳ころの高校生から飲み始めても、果たして成長への効果はあるのかという疑問があります。

 

結論としては、18歳という年齢からプラステンアップを飲み始めても、効果がまったくないということは言い難く、個人差もあるためその効果は人によって分かれてきます。

 

また、プラステンアップは成長をサポートするサプリになるので、単に飲んでいれば効果が期待できるものではありません。同時に根本的な普段の生活習慣を見なおすことも必要となってきます。

 

プラステンアップは中学生から高校生に特化した成長応援サプリですが、具体的に何歳から何歳までが使用できるということまでの説明はされていません。

 

プラステンアップには、当然ですが中高生の成長期に必要な栄養素が豊富に含まれています。ほかにも、成長ホルモンの分泌を促す働きのある成分も含まれているため、成長期というタイミングにプラステンアップを飲み始めれば、その効果もより期待できるでしょう。

 

とはいっても、成長ホルモンの分泌量というものは、年齢を重ねる毎に減少してしまいます。加えて、何歳で成長期のピークに達し、また何歳から成長ホルモンの分泌量が減少するのかについても、個人差が関係してきます。

 

そのため、なかには18歳という年齢で成長が止まる高校生もいれば、一方では25歳あたりの年齢まで、徐々に伸び続ける成人も稀にいます。

 

よって、プラステンアップを18歳から飲み始めて成長に効果があるのかについては、個人差があるので、一概にはいえません。

 

そして、成長ホルモンの分泌量が増加すれば、それに伴って身長が伸びるという訳ではありません。

 

人間の骨には骨端線(こつたんせん)という組織があって、簡単にいうと、骨の両端に新たな骨が形成されることによって、身長が伸びていきます。

 

この骨端線とは、成長期の子供にだけみられるのが特徴ですが、骨の端にある軟骨部分の近く(骨と骨の繋ぎめ)にある軟骨の集合体のことを指します。また、骨端線は別名「成長線」とも呼ばれています。

 

そして、この骨端線が閉じてしまうと、どんなに成長ホルモンの分泌を促しても、身長が伸びることは期待できません。

 

ちなみに、この骨端線が閉じてしまう時期は性別によって異なりますが、一般的に男子は17歳前後、女子は15歳前後といわれています。

 

さすがに、成人を超えてから身長を伸ばすということは、上記の説明からなかなか難しいと思いますが、18歳あたりであれば、まだ可能性としてはゼロではないと思います。

 

ただ、18歳という年齢は成長期のピークを過ぎてしまっている可能性は否定できませんので、13歳〜15歳あたりの年齢と比較して、効果はそこまで期待できないといえます。

 

そして、年齢を問わず、成長をするうえでは規則正しい生活が不可欠となります。いくらプラステンアップを毎日飲み続けても、不規則な生活をしていては、効果も期待できません。

 

バランスの取れた食事や十分な睡眠時間を確保して、生活習慣も見なおしましょう。

 

大学生や大人が飲んでも効果があるのか?