プラステンアップ スプーン 水の量

プラステンアップの飲み方はスプーン何杯で水の量はどのくらい?

水の量

 

プラステンアップは、1日付属のスプーン1杯(8グラム)を目安に継続して飲むと効果を実感することができます。

 

プラステンアップを1日8グラム摂取するにあたって、基本的には水の量はあまり意識しなくても、自分が美味しと思う水の量の割合で問題はありません。

 

多くの場合は、コップ1杯にプラステンアップを混ぜて飲んでいる子供が多くて、紙コップで計算すると大体1杯当たり180tの水の量と混ぜると丁度良いという愛用者の口コミがあります。

 

水の量は1日コップ1杯で良いなら、毎日気兼ねなく続けることができて無理がなく続けやすいです。プラステンアップを1日8グラム摂取していれば、水の量により効果に違いはありません。

 

ただし、水の量が少なすぎると味が濃すぎて、飲みにくくなります。逆に水の量が多過ぎても、味が薄くて物足りなさを感じる場合もあります。

 

プラステンアップの美味しさを感じながら、手軽に摂取できる水の量はコップ1杯分程度です。あまり水の量を意識し過ぎる必要はなく、大体の目安が分かっていれば毎回水の量を測る必要はないです。水だけではなくて、牛乳や豆乳と混ぜても効果を実感できます。

 

牛乳や豆乳と混ぜてもアレンジはできますが、何でも混ぜて良いわけではありません。

 

ジュースやコーヒー、お茶と混ぜてしまうと、プラステンアップの成分とミネラルが結合して、本来の成分の効果が発揮できなくなる恐れがあります。


プラステンアップが水や牛乳に溶けない場合の対処法

ホットミルク

 

プラステンアップを飲む時に、大体は冷たい牛乳に混ぜて飲むという子供が多いようです。

 

その時に、プラステンアップの粉がどうしてもダマになってしまって、しっかりと溶けてくれないという口コミや体験談があるようです。

 

冷たい水や牛乳の場合は、プラステンアップの粉がどうしても溶けにくくなってしまうことがあります。そのつぶつぶが気になるという場合は、牛乳を温めてホットミルクにした上で、プラステンアップを混ぜてみると、しっかりと粉が溶けて混ざり合うようになります。

 

ほかにも、プラステンアップをヨーグルトに混ぜ込んで飲むという方法もおすすめです。

 

プラステンアップをヨーグルトに混ぜる場合は、プラステンアップの顆粒がしっかりと混ざるので、舌に顆粒のざらつき感が残ることはほとんどありません。

 

滑らかな舌触りでプラステンアップを摂取できるので、冷たい牛乳に溶けないことが嫌な場合には、ヨーグルトで飲むことをお勧めします。

 

さらに、シェーカーを使ってみるという方法もあります。シェーカーを用意して、その中に冷たい牛乳を入れて適量のプラステンアップを入れてシェイクすれば、クリーミーな泡立ちになり、ミルクシェイクを飲んでいるようなテクスチャになるでしょう。シェイクすることで、プラステンアップの顆粒がしっかりと溶けるので舌に残りません。

 

⇒ 【初回限定80%割引】プラステンアップの公式サイトはコチラ!!