プラステンアップ 成分

プラステンアップにはどんな成分(原材料)が含まれているのか?

栄養

 

プラステンアップには以下のような成分が豊富に含まれています。分かりやすいように成分表に成分表示をしてみました。

 

成分 某サプリ プラステンアップ
ビタミンA 464μg 928μg
ビタミンE 6.284r 12.568r
ビタミンB1 1.296r 2.592r
ビタミンB2 0.79r 1.58r
ビタミンB6 0.624r 1.248r
ビタミンB12 1μg 2μg
ビタミンC 36.667r 73.334r

 

また、プラステンアップは主に下記のような原材料が使用されています。

 

砂糖、ミルクカルシウム(乳成分を含む)、レモン果汁粉末(レモン濃縮果汁、デキストリン、澱粉)、粉末還元水飴、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、ギャバ、スピルリナ原末、クワンソウ粉末、乳酸菌粉末、ビフィズス菌末、オルニチン、シトルリン、α-GPC加工品(大豆を含む)/酸味料、甘味料(ステビア、甘草)、香料

 

さらに、プラステンアップには、アミノ酸(18種類)がバランスよく配合されています。カルシウムやアルギニンといった成長に欠かせない栄養素は、体内にしっかりと吸収されるように考えられた配合バランスになっています(原料にこだわった独自製法)。

 

プラステンアップは、牛乳の3分の1以下の低カロリーで、コラーゲンも補給することができるので、ダイエット中や思春期の女の子も気にせずに飲むことができます。しかも、プラステンアップは牛乳や豆乳と混ぜて飲んでも、1杯あたり約89キロカロリーで、体型を気にする年頃の女の子にもおすすめです。

 

また、プラステンアップには、沖縄に古くから伝わる休息ハーブのクワンソウが配合されていて、中高生の休息もサポートしてくれます。

 

話題のスーパーフードであるスピルリナも配合されていて、スピルリナには50種類以上もの健康・栄養成分が含まれています。スピルリナは吸収率が95%と群を抜いており、1日分の野菜の栄養がスプーン1杯で摂れるほど栄養が豊富です。

 

プラステンアップには、成長を更にサポートしてくれるα-GPCも限界まで配合していて、α-GPCは母なる成長成分とも呼ばれ、母乳にも含まれている生体栄養成分です。


亜鉛やアルギニンなどの成分がどれくらい含まれているの?

カルシウム

 

中高生の成長をサポートするには、カルシウムなど特定の栄養だけを摂っているだけでは効果がなく、ほかにも多くの必要な栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

 

そこで、ここでは、プラステンアップにも含まれている、成長に必要な成分である亜鉛やアルギニンについてご紹介します。

 

まず、亜鉛は成長ホルモンの分泌を促す重要な働きを担っています。例えば14歳という年齢の子供には、1日9gの亜鉛が必要なのですが、プラステンアップにはこれを十分に満たす量が含まれています。

 

次にアルギニンは、アミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を助けたり、免疫力を向上させる働きがあります。アルギニンはお肉などに多く含まれていますが、消化に時間がかかります。

 

アルギニンは大部分が栄養として使われるため、成長ホルモンの分泌を促すには、多めのアルギニンを摂取しなければいけません。しかし、アルギニンを多めに摂取するために、大量の肉を食べると消化器等に負担がかかるうえに、脂肪分が多い部位では肥満の原因となってしまいます。

 

その点、プラステンアップには、アルギニンの成分が単独状態で含まれているため、速やかにかつ無駄なく体内へ摂りいれることができます。また、分子構造が吸収に有利なL型をしているのも特徴で、身体に負担がかかりにくいです。

 

このように、プラステンアップには子供の成長に必要な亜鉛やアルギニンが十分に含まれており、中高生の成長サポートにも最適な補助食品といえるでしょう。

 

プラステンアップはいつ飲むのが効果的?飲む期間はどのくらい?